慌ただしい年末がやってきました。師も走る師走ですからね。
PLASでも日本語検定や数学検定の合格発表があり、多くの合格者が出たことに安堵?しているところです。合格した皆さん、おめでとう!今月からは英検と漢検の申込も始めました。多くの人たちが果敢にチャレンジしてくれることを期待しています!
さて、前回の話の続きです。「なぜ勉強しなければいけないか」でしたね。前提として言っておくと、実は小中学生の間の勉強は、厳密には勉強ではありません。本当の勉強とは自分の目指すところに到達するために自分自身の力を磨くこと、言い換えれば人や社会に貢献し、自分の人生を豊かにするために自分の特性を生かして貢献するための技術と知識を身につけるために勉強するのです。なぜかって?それは人は自分一人では生きていけないからです。何気なく使っている水一つとってみても、それは誰かが蛇口をひねれば水が出るように日夜努力してくれているからですよね。そして基礎知識がないと専門的な知識を得ることは決してできません。大人から(又は親から)見れば「子供が何かをしたいと目標を持ったときにそれを達成することができるように、また自分でやりたいことを選択できるようにしてあげるために勉強してほしいと思う」のだと思っています。まだ納得しないかな?それでは次回この内容の最終回として子供から見た場合、ということを書きたいと思います。(藏田)

みなさんこんにちは、進学塾PLASの原です!!夜の寒さが身にしみるこの季節いかがお過ごしでしょうか?

今回は国語の記述についての話です。演習後に採点をすることがよくあるのですが、目立つのが「あいまい」であるということです。内容がわかっている人が見れば言いたいことはよくわかります。しかし、記述において書いてあること以上のものを採点者に求めることはできません。あくまで、書いた内容のみが採点の対象になります。このことを理解してもらうのには個人差があるのですが、かなりの時間を要します。粘り強く指導するしかありませんね!!頑張ります!!
(原)

 先日の授業である生徒が「勉強ってやっても意味ないよ」というようなことをぼそっと言っていました。そこで今回は「なぜ勉強ってしないといけないの」ということについて考えてみたいと思います。
 きっとこのブログをお読みの保護者の皆様もこの質問を子供から投げかけれられて、明快にお答えになれる方は少ないのではないでしょうか。正直に言えば答えは一つではないので、それぞれで良いのだと思いますが、「いい中学、いい高校、いい大学に入るため」とか「将来、生活に困らないため」とか話したとしても、多分子供は納得しませんよね。しまいには「僕はいい学校には行かなくていい」とか…それでは私の考える「勉強する理由」ですが…それは次回書きたいと思います。ちなみに「知る喜び」を味わうことができるのは人間だけ、人間だから勉強しなければならない、とどこかの偉い人は言っていましたよ!
 ※諸連絡:先日数検を受検された皆さん、お疲れ様でした。模範解答は11月28日くらいから、合否発表は12月6日から発表されます。当塾のホームページ、リンク集からいけますのでぜひ訪問してみてくださいね。(藏田)

お久しぶりです。下間です。
前回のブログでの『読書がなぜ大事といわれるか』についてですが、多少触れたとおり、もちろん読んだ知識そのものが自分の知識になりますし、様々な表現方法や表現技法が
あるということ、漢字など・・・いわゆる総合的な国語力が身に付くわけです。
読書をして悪いことはひとつもありません。
自分がいちばん好きな本を、ぜひみんなに教えてあげてください(^^*)

もう飲み物はhotの季節ですね・・・
(下間)

みなさん、こんにちは。進学塾PLASの原です!!夜になるとかなり寒くなってきましたがみなさんは風邪などひかずに元気にしていらっしゃいますでしょうか?

寒くなると無性に「おでん」を食べたくなることがあります。この季節になると「好きなおでん種は?」って生徒に聞いたりすることもあります!!私は「玉子・だいこん・もち巾着」があれば満足です!!さて、みなさんの好きなおでん種は??

ちなみに思い出は眠っているときに夢に見て思い出すことが多いです!!太田先生!!
(原)


PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM