「人」このことを聞くとみなさんはどんなことを考えますか??

私が高校受験した際、1学年上の姉が受験に失敗し、私が行きたかった高校を受験することが出来ず、自分の知らない高校に通うことになりました…。
そのことがきっかけとなりやる気も出ず・毎日なげやりな日々を送っていました。
そんなとき、高校ではじめての中間テストを受け、私は数学で5点(100点満点)という点数をとってしましました。
このとき「まずい!!」と思い、テストができる人達を観察しました。
すると、その人達は、自分で勉強することが出来るという共通の特徴があり、その日から手探りで自分なりの勉強法を探しました。当然、初めはなかなかうまくみつからず、苦痛な日々を過ごしていました。しかし、やっていくうちにコツが見つかり始め期末テストでは、クラスで5番(数学で)になりました。

この数学5点があるから今の私があると思います。1つ1つゆっくりでもいいのでやることにより得られるものはとても大きいです。
この出来事は、私の経験のほんの一部ですが、勉強法にアドバイスしてくれた人など多くの人のおかげで出来たことです。
私もこのように、人の力になれるように、今後も励んでいきたいと思ってます!!
                                    (太田)


お久しぶりです。今回は私もとても気になっている、世界遺産について。 
2007年7月に新たに登録された22件を合わせ、計851件が世界遺産とされています。
中国の万里の長城や、アメリカのグランド・キャニオン、自由の女神象は皆さんもご存知だと思いますが、これらも世界遺産です。 
わが国日本の世界遺産はというと、全部で14件。原爆ドームや厳島神社、姫路城や知床の地がそうです。私も社会科を教える立場にありますし、やはり日本人として、日本のすばらしさを実際にこの目で見たいと思います。

ちなみに日本の山である富士山は、世界遺産ではありません。 
もう何年も前から世界遺産登録のための申請をしてきましたが、残念ながら認められていません。富士山に行ったことのある方ならわかるかもしれませんが、認められない理由として、まず、汚いことですよね。いたるところに空き缶などのゴミが散乱しています。
それからトイレの数なども認定基準にかかわってくるそうです。
最近ではボランティア団体によるゴミ拾い運動なども活発なので、努力が実ってくれるといいですね☆

みなさんは実際に世界遺産を見に行ったことはありますか?世界遺産ではなくても、ここはよかった!!という場所があれば教えてください。
ぜひ足を運んでみたいと思います(^V^)
                    下間

皆様、明けましておめでとうございます。更新が大幅に遅れてしまい、申し訳ありません。原です。本年もよろしくお願いいたします。

ところで本日より埼玉県内の中学入試がスタートしました。朝から緊張の面持ちで入試会場に向かう受験生を見ると、こちらにも伝わってくるものがあります。受験生のみなさん、がんばってください!!(原)

あけましておめでとうございます。
昨年7月に塾を開校してから早くも半年が過ぎようとしています。
開塾に当たっては本当に悩んだり、迷ったり、不安になることも毎日のようにありましたが、こうしてたくさんの方々に支えられて新年を迎えることができることは本当に幸せなことだとつくづく思います。
新年にあたり、今まで以上に来ていただいている方々に満足のいく学習成果を残していけるように担当一同精一杯頑張ります!
また、「出来たばかりの塾だから」という言い訳をしない年にしたいと思っておりますので、お気づきの点や叱咤激励などなんでも構いません。どしどし意見してくださいね!
それでは今年も1年間よろしくお願いいたします!
えっ?元旦から仕事ですか?もちろんしています!(藏田)

慌ただしい年末がやってきました。師も走る師走ですからね。
PLASでも日本語検定や数学検定の合格発表があり、多くの合格者が出たことに安堵?しているところです。合格した皆さん、おめでとう!今月からは英検と漢検の申込も始めました。多くの人たちが果敢にチャレンジしてくれることを期待しています!
さて、前回の話の続きです。「なぜ勉強しなければいけないか」でしたね。前提として言っておくと、実は小中学生の間の勉強は、厳密には勉強ではありません。本当の勉強とは自分の目指すところに到達するために自分自身の力を磨くこと、言い換えれば人や社会に貢献し、自分の人生を豊かにするために自分の特性を生かして貢献するための技術と知識を身につけるために勉強するのです。なぜかって?それは人は自分一人では生きていけないからです。何気なく使っている水一つとってみても、それは誰かが蛇口をひねれば水が出るように日夜努力してくれているからですよね。そして基礎知識がないと専門的な知識を得ることは決してできません。大人から(又は親から)見れば「子供が何かをしたいと目標を持ったときにそれを達成することができるように、また自分でやりたいことを選択できるようにしてあげるために勉強してほしいと思う」のだと思っています。まだ納得しないかな?それでは次回この内容の最終回として子供から見た場合、ということを書きたいと思います。(藏田)


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM