こんにちは、天沼です。

 

今週から「2学期・期末テスト対策」が始まります。

 

 

先月の中間テスト、F中で学年1位をとったN君。

 

F中の国語の平均点が50点だったところ、

 

N君は88点。

 

もちろん国語の点数も学年1位。

 

今回もいけるか?

 

今度は背中を追われる身だぞ。

 

「自分が取りたい点数・順位」を目標に頑張ろう!

 

 

PLUSの「2学期期末テスト対策講座」は1117日(土)1330から、1125日(日)1045から塾を開放し、皆さまをお待ちしております。もちろん参加は無料です。

 

 

 

――さて、テスト勉強で大切なのが「具体的な目標の設定」です。

 

上記したように「自分が取りたい点数・順位」を設定して、それに向けてコツコツと学習する

 

PLUSではテスト前面談を実施して、その部分を掘り下げていくのですが、

 

生徒が目標点を書いている姿だったり、面談をしていたりするときに感じる……成績が伸び悩む生徒の共通点!

 

・テストで点を本気で取ろうとしていない(どこか楽天的)

・そもそも点数をとろうという必要性を感じていない

・それが、将来的にどうなるのかがわかっていない

・なぜなら、自分の行きたい学校が決まっていないから

 

これを逆にしていけばいいのに。成績は伸びるから。

 

ー分がどうしても行きたい学校を決める

△修粒惺擦貌れるだけの内申点、偏差値を認識する

自分の現状の数値と比較する

た値が足りない場合は、練習量(学習量)を増やす

ゾ,蘇蕕韻砲海世錣辰董負けたら悔しがる

 

これだけで、偏差値は「3」上がります。

重要なのはこれらが自分で(能動的に)できる、ようになることです。

 

「こうなりたい」という欲求をもつこと。

そのための競争心をもつこと。

 

つまりは、意識の問題なのです。

 

生徒の意識が変わらない限り、我々がいくら良い授業をしたり、使いやすいテキストをわたしたりしても、

 

砂漠に種まいて水を与えるようなものです。

 

 

では、意識を変えるためにはどうすればいいのか。

 

一番は、本人が気づくこと。

 

または、本人が気づくように危機感を与えるしかない。

 

だから、私の授業ではよく「話」をします。

 

「勝つための学習方法」「勉強ができる残り時間」「高校別のGMARCHへの進学率」などなどなど……。

 

目を輝かせたり、真剣(深刻)な顔をしたりしている生徒は、大丈夫! 

 

意識が変わり、学力は向上していくから、大丈夫!

 

けれども、退屈そうな顔をしている子は…………う〜〜〜ん。厳しいですよねぇ。

.

 

 

立冬も過ぎ、朝晩めっきり寒くなってまいりました。

街中では、マスク姿の人も増えてきました。

楽しいイベントも目白押しの冬ですが

受験生にとっては、過酷!な季節となりました。

 

皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

今回のブログ担当は藏田千春です。

 

 

さて、2学期中間テストの結果が出そろいましたので

報告させていただきます。

 

F中3年生 N君 学年1位!

おめでとうございます。

久しぶりの学年1位が出て、講師全員で喜んでいます。

 

Nくんは、

まだ受験モードになれない同級生がいる中、

北辰テスト勉強、入試勉強、中間テスト勉強・・・と、着々と自分のために勉強を進めていました。

もちろん「2学期無料中間テスト対策講座」にも出席し

その中で配布した、対策講座プリントから、かなりの問題が的中した!とのこと。

 こちらも準備した甲斐がありました。

 

N君のように「無料定期テスト対策講座」で配布された問題は、何度も繰り返し解き

類似問題や同じ問題が出たときに、しっかり得点しましょう。

せっかくのチャンスです。ものにしてください。

 

次の「無料2学期期末テスト対策講座」は、11/17(土)と25(日)です。

まだ申込用紙を提出していない塾生は急いで出しましょう。保護者様はご捺印の上、今すぐ用紙をお子様にお持たせください。

 

塾生でなくても、塾生の紹介やこのブログを読んだ方は申込OK!

電話049-238-3100か、直接ご来塾ください。〆切は11/14(水)です。

 

 

ちなみに、9/30(日)と11/4(日)の2回の北辰テストですが

塾長が、「北辰テスト対策講座」で予想した理科の単元と問題が大的中しています。

9/30(日)北辰テストでは、

「細胞」は北辰テスト全体の正答率82.5、80.1%のところ塾内正答率100%、100%

「火山と火成岩」は北辰テスト全体の正答率84.5%、57.8%のところ塾内正答率96.7%、80%

「金属の性質」は北辰テスト全体の正答率71.8%のところ塾内正答率90%

でした。進学塾PLASの「北辰テスト対策講座」!役に立ちましたね!!

 

 

次の報告事項は、数検結果です。

9/29(土)進学塾PLASで準会場実施された「数検」の合否発表がありました。

多くの生徒さんに合格証が手渡されました。

なんと、塾生数検完全合格率は90.6%です。

1次のみ合格又は2次のみ合格者は、残念でしたが、

3/2(土)PLAS準会場実施の「数検」で完全合格をしましょう。

 

特記したいのは、中3生が高1レベルの準2級に3名合格!

小6受験生においては、小6レベルの6級はもちろん受験生全員合格ですが、

中1レベルの5級にもK君が合格したということです。すばらしいですね。おめでとうございます。

次は、高校入試!中学入試!です。この勢いでいきましょう!

 

 

 

最後に進学塾PLASのニューフェイス!ハムスターのハム子の紹介です。

最近は懐いて、手乗りもしてくれ、自宅で一緒に遊べるようになりました(爆嬉)

上から見るとまんまる〇です。かわいい!

すっかり「ハム子〜」と呼ぶことに慣れてしまいましたが、

現在、名前を募集中です。

11月12月のPLASブログの返信欄をご利用いただき、応募してください。

お待ちしています。

 

 

****************************

JR川越線・東武東上線川越駅西口 徒歩7分

数検・漢検・英検の準会場

進学塾PLASは漢検・数検・英検の準会場です

現在、冬期講習会、漢検の申込受付中です

 

こんにちは!! 稲垣です!

 

来週の水曜、11月7日に立冬ということで、だいぶ、朝や夜が冷えてきましたね。

 

先日、高円宮家の三女、絢子(あやこ)さまが

都内の神社、明治神宮(内苑)で結婚式を挙げられましたが、明治神宮といえば、洋風庭園である外苑の銀杏並木が有名です。

 

都内の明治神宮外苑の銀杏並木。

今月11月16日(金)〜来月12月2日(日)まで、いちょう祭りが行われるそうです。あと少しで見られますね。

 

さて、

今回は今月に行われる中学生の2学期期末テストに向けて、英単語の勉強法、前回の音声学に続く第三弾として長文のポイント、そしてリスニングについてお話ししていきます。

 

 

長文のポイントは

 

ゞ飢塀颪遼槓犬魴り返し、声に出して読み、

熟語前置詞(at、on、in、to、forなど基本的に時や場所を表すときに使う単語)を覚えましょう

 

  定期テストの長文の穴埋めでよく出ます。

  そして教科書の本文をそのまま出すケースが多いんです!

 

次に続く…

 

 

 

 

 

 

 

■永牽永弧す(飛ばし読みをしないで全て読む)

 

  やるそのときどきで、点数にムラがでないように確実に内容を理解するため

 

J犬鯀阿ら訳す。時間短縮のため。

 

つまり、I  play soccer every day.であれば、

「私は、する、サッカーを、毎日」と訳す。

 

(「私はサッカーを毎日する。」という訳し方はよくありません。)

 

なぜ良くないか? 

それは、上の文だと、訳す順番がI、soccer、every day、playとなり、訳すときに後ろの英単語を訳してから前の英単語を訳すため、時間がかかるからです。

 

 

そして、リスニングが苦手な人は

まずは長文を前から訳せるようにしましょう。

 

リスニングは音だけを聞いて、スピーディーに内容を理解出来ないといけません。

 

つまり、リスニング問題=文字のない音のみで解く長文問題です。

 

リスニングよりもゆっくりと訳す余裕のある、文字が書いてある長文からまずは少しずつ早く訳せるようするとイイです!!

 

(リスニングのその他、細かい部分はまた話す機会を作ってお話しする予定です。)

 

 

Rome  was  not  built  in  a  day.「ローマは一日にしてならず。」という名言があるように、雨垂れ石を穿つの精神で反復学習をしていきましょう。

 

 

なお、中学生の2学期期末テスト対策は11月17日(土)、25日(日)に行われます。

 

 

それでは、今回はここまでにします。さようなら。

みなさん こんにちは。田口です。

昨夜はとても満月の光が明るく、気持ちの良い夜でした。

 

 

とても光が強くて、歩道に影が映るほどでした。

夏の強い日差しと比べると、なんとやわらかい光でしょう。

 

 

PLASの新しい仲間をご紹介!

 

とってもおとなしくて、かわいいハムスターです。

よろしくお願いしますね。

 

上手にゴハンちょうだいできるよ!

 

名前は…まだない!いやハム子なのかな?

 

 

 

 

さて、最近気になった時事ニュースについて書いていきます。

主に7月から10月のものです。

 

7/18  参議院の定数を6増やす改正公職選挙法が成立

      来年夏の参院選から適用される。(埼玉選挙区で2人 比例代表で4人増える)

      総定数は現行の242人から248人に。

      参議院は3年おきに半数を改選するので、来夏の参院選は埼玉選挙区で1人増、比例区で2人増となる。

 

9/6   北海道胆振(いぶり)東部地震

      震度7、マグニチュード6.7。

      地震発生直後から北海道全体で、電力供給が止まる「ブラックアウト」(大規模停電)が日本で初めて起きた。

 

9/8   大坂なおみ選手が全米オープンで優勝

 

9/20  自民党総裁選で安倍晋三首相が選ばれる

 

9/26  日米首脳会談で日本とアメリカが「日米物品貿易協定」の交渉を開始することで合意。

     

10/1  本庶佑(ほんじょ たすく)特別教授がノーベル医学生理学賞を受賞

      がんの治療薬「オプジーボ」の開発。

 

10/2  第4次安倍改造内閣が発足

 

10/9  安倍晋三首相がミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問と会談

      ロヒンギャ問題への支援を表明。

 

10/11 豊洲市場が開場

      4日ほどかけて東京都が運営する「築地場内市場」が引っ越し。

      「築地場外市場」はそのまま残る。

 

10/15 安倍首相が消費税を2019年10月から10%に引き上げることを表明

      コンビニやスーパー内で飲食する目的で食べ物・飲み物を買うと消費税10%。

      飲食せず持ち帰れば8%の軽減税率を適用。

      増税分は幼児教育無償化に充てられるとか。

 

10/22 アメリカのトランプ大統領が核兵器の増強を行う意向があると警告

      ロシアが距離核戦力(INF)廃棄条約を順守していないと批判し、同条約から離脱する方針を表明。

      中国とロシアに圧力をかける。

 

 

 

小学生が「安倍晋三」(敬称略)を「阿部晋三」と書いて大爆笑してる場合じゃありません。

「阿部」じゃあ「阿倍仲麻呂」になっちゃうよ。

「普」じゃなくて「晋」

安倍首相にはひげがないと覚えましょう。

「しんぞうをささげよ!」とか笑いをとるのは合格後にしてください。

 

あとよく間違えるのが「菅原道真」

「管原」と書く子が多いです。

 

人名じゃないけれど「蔵屋敷」を「藏屋敷」と書く子もたまにいます。

藏田先生もびっくりですね。

PLASの塾生ならではのローカルな間違いです。

 

 

正しい漢字を覚えてください。

 

 

ではまた、来月お会いしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:学問・学校

 

こんにちは、天沼です。

 

私が担当するクラスでは、1日一回「確認テスト」を行うようにしています。

(授業の進行状況で出来ない回もありますが……)

 

結果(点数)は、グラフにして順位表を作成。教室に張り出します。

 

その理由は、

 

ゞチ茵勝ち負けを意識してもらうため。

現状の、自分の学力の「立ち位置」を理解してもらうため。

「何が出来て、何が出来ないのか」自分を見つめ直すため。

 

 

一石三鳥なのです!

 

 

テストによっては、合格するまで再テストを行うものもあります。

そして、不合格者には宿題を少し増やし演習「量」をこなしてもらう時もあります。

 

「できる」ようになるために、重要な作業だからです。

 

 

私はこう考えています。

 

【勉強も、運動も、芸術(音楽・美術)も、上達方法は全く同じである】と。

 

 

例えば、運動部に所属しています。

 

大会があります。

 

どうします?

 

もちろん、練習「量」をこなしますよね。

 

大会で優勝できるように、練習「量」を増やしますよね。

勝つために、ライバルの分析も行いますよね。

 

で、大会では競争し、自分の順位がでる。勝ち負けがはっきり出る。

 

勝てたなら、自分のこれまでの練習「量」を信じて継続する。

負けたなら、ライバルとの差を分析し、もう一度自分の練習を再構築して勝てるための練習「量」をこなす。

 

 

……これ、勉強も全く同じですよ。

 

勉強では、「大会=テスト」です。

 

じゃあ、テスト(大会)で優勝するためにはどうしたらいいのか?

 

そりゃあ、勉強(演習)「量」を増やさないとアカンでしょう。

そりゃあ、テスト内容(ライバル)の分析をしないとアカンでしょう。

 

にも関わらず……子ども達の多くは、やらないんですよね(苦笑

 

ぶっつけ本番で勝負しようとする。

 

そりゃあ、負けるよ……。

 

運動や芸術だとわかるのに、

 

勉強だとわかってもらえない……

 

なぜだろう?

 

 

まぁ、そんなわけで私の授業では、毎週「大会」を行うことにしました。

 

それに向けて、生徒たちがどういう意識をもって、どう挑むのか。

 

つづきは、また次回のブログで……。


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Archive

 

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM