みなさん こんにちは。

電子レンジと炊飯器を買いかえて(こわれていたのを放置していた)

マニュアルを読みながらニヤニヤしている田口です。

 

寒い時もありますが、季節は春に近づいています。

 

梅の花がきれいです。

 

 庭の梅はほんのりピンク

 

ご近所の立派な梅はホワイト!

 

 

 

さて県公立高校入試も近づいてまいりました。

社会の授業も「必勝!中3県公立高入試直前対策」もあと1回ずつです。

合格に向けて特化した授業を行ってきましたが、入試当日に大事なのは「がんばる心」「最後まであきらめない心」です。

PLASで学んだ事を思い出しながら試験を受ければ大丈夫なはずです。

 

「ひたすらやるべきことをこなしてきたので、不安要素はない!(by羽生選手)」という気持ちで、試験会場に行けるようにしておきましょう。

 

 

先日非受験学年の生徒が体調をくずして授業を欠席したのですが、保護者の方が

「中3生の受験はこれからですよね。うちの子はインフルエンザじゃないけど迷惑かけると申し訳ないからお休みさせます。」とおっしゃっていました。

ちょっとジーンときました。

 

直接関係していなくても、いろんな人たちが応援をしてくれています。

 

30年度の入試ですが、今のところPLAS生は全ての受験校に合格しています。

引き続き良い知らせが聞けるといいなと思っています。

 

私もあと2回の授業が終わった後に

「不安要素はない!」( *`ω´) ドヤッ

と思えるように、がんばります。

 

春に向けてチューリップも準備万端!

 

 

こんにちは!!

 

今年の冬は本当に寒いですね…。

2週間以上前の大雪の影響で、トイレにつながる管?が凍ってしまい自宅のトイレのタンクに水がたまらないため、トイレの水を使うたびにタンクに水を入れて過ごしています…(>_<)

 

そんな寒い冬の最中、インフルエンザが流行っていて塾の生徒もインフルエンザによる欠席が最近、多いです。

中学校で学年閉鎖があったとか…。

手洗い、うがいの徹底をして、

みなさんも体を温かくして過ごすなど気を付けてください!!

 

 

 

さて、そんな中、中学生は3学期学年末テストが近づいてきました

 

3学期は、1、2学期と違い、1回の定期テストで成績が決まってしまいます。

そして、学年末テストはだいたい、1、2学期の定期テストと比べ範囲が広いことが多いので、早め早めの準備が大切です。

部活動停止期間になるまでに、すき間時間を使って学習しましょう!!

 

塾生のみなさんは、塾での授業中、いつも以上に集中して学習に臨みましょう。

 

特に、.謄好板樵阿縫錙璽を終わらせるのに焦らないように

   ▲謄好帆阿剖貅蠅米睛討鯒聴し、克服できるように

 

学校のワークのすでに習った内容のページは終わらせておきましょう。

 

 

 

そして、来月3月1日の公立入試まであと2週間ほどとなりました

 

中3生で受験する生徒さんに向けて…

本番、不安や緊張がない受験生はほとんどいないと思います。

不安や緊張を少しでも減らせるように残り期間、本番に必要な目標点をとるために、

いつまでに、どの問題を正解しよう。などと、

ゴールをイメージして、ゴールから逆算して学習計画を立ててみてはいかがでしょうか。

 

 

学年末テスト、公立入試に臨む中学生に共通して言えるのは

基本の大切さです!!

 

早寝早起きという生活における基本はもちろんのこと、残り期間最大限の学習効果を生むために、問題自体も基本的な内容から順番に確実に正解出来る問題を増やすことで、不安を減らし、最終的に「オレは、私はこれだけやったんだ!!」と自分に自信を持てると最高です!!

 

勉強を通して、頑張ること、努力することの大切さを学んでもらえたら、うれしいです。

 

 

英語を担当しているので、英語で書いてみました。

先延ばしにしないで、例えば英語で言えば、今日覚えようと決めた単語は今日中に覚えるようにしましょう!

 

試験が迫るにつれて、不安で「あれもこれも覚えなきゃ…。ヤバい…。」と思うことはいっぱいあるかもしれません。

 

しかし、目の前にある単語や用語を1つ1つ確実に覚えることで、確実に昨日より今日のみなさんは一歩前進(=成長)しています。

 

「昨日よりも今日、今日よりも明日」

 

と日々地道に前進していくために、そして「あのとき、ああすれば良かった…」と悔いを残さないために

 

今日できることを明日に回さないようにしましょう!

 

某予備校講師の先生も「いつやるか? 〇でしょ!」と言っていましたね!

 

覚えたい単語や用語を「目に入る場所(トイレや起きたときや寝るときに目に入る部屋の天井の壁)」に貼るなど工夫すると良いです。

 

不安が増さないように

 

とにかく1日に決めた量(ページや覚える単語)を減らさずに学習することが大切です。

 

時間はどんな人間にも生きている間は、基本的に平等に与えられています。

 

勉強できる今を大切に。

 

後悔先に立たず。

 

最後まで全力で!!

 

 

最後までプラス講師一同応援しています(^-^)

 

 

稲垣 善仁(いながき よしひと)

JUGEMテーマ:学問・学校

こんにちは!! 稲垣です。

 

先週の月曜日の雪がまだまだ残っていますし、最近、本当に寒い日が続いていますね。

 

 

先日行われた

 

中3生の私立高校入試の結果ですが、見事全員合格を果たしました!!

 

今までの努力が実を結び、講師一同大変うれしく思っています。

 

 

 

しかし、

 

公立高校を第一志望とする中3生は、3月1日(木)の本番に向けて残り1か月間さらに受験勉強が続いていきます。

 

そこで

 

今回は残り約1か月間で点数を上げるために何をどのように学習すべきかをお話していきます。

 

 

ヽ堂別椶陵ダ莉膂

 

 

生徒さんごとに志望校や得意、不得意科目が異なるため一概には言えませんが、

 

残り期間で

 

覚えた内容がそのまま得点につながりやすい

理科や社会の暗記科目を中心に学習することが最優先になっていきます。

 

そして、数学、英語、国語の順に学習することが良いのではないでしょうか。

 

なお、

私が担当している

英語や国語は、生まれてから今まででどれだけ多くの言葉を知っているかで読解力の差が出てしまい、

短期間で劇的に点数が上がりやすい教科ではないため、多くの時間を割くことは有効ではありません。

 

 

△匹離譽戰襪魍惱するか

 

 

これは、みなさんご存知かもしれませんが、まずは、とにかく基礎、基本の徹底です。

 

難しい問題は、結局、基礎、基本がしっかり分かっていないと出来ません。

 

基礎、基本が出来るようになってから、差がつきやすい難しい問題をやることが好ましいです。

 

 

 

最後に…

 

 

本番でとるべき点数をシミュレーションして、本番から逆算して学習計画を立てるようにしましょう。

そうすることで、必要なこと、必要でないことも見えてくるはずです。

 

 

本番に向けて、準備を出来る限りして落ち着いた状態で試験に臨めるようにがんばってください!!

 

 

何か分からないことがあったら、PLAS講師一同、応援していますので、聞いて下さい!!

 

 

インフルエンザがはやり、学校では学年閉鎖が出ているようです。

 

 

早寝早起き、うがい、手洗いの徹底で体調管理には気を付けましょう。

みなさん こんにちは。

小学生に「電話の受話器を持って・・・」と伝えたら

「受話器って何?」と返されて、衝撃を受けた田口千絵です。

 

 

寒い日が続いていますね。

本日の川越の最低気温は−5℃、最高気温が3℃でした。

 

寒かったらお布団にくるまればいいじゃない

 

 

雪が解けなくて、スケートリンクみたいな道がいくつもあります。

 

ツルツル(-_-;) 

 

避けて歩いているのですが、PLASへ行くのに時間がかかります。

 

 

こんな中、高校受験出陣ご苦労様でした!

良い結果が届いておりまして、一安心しております。

この調子で県公立入試がんばりましょう。

 

今週末に漢字検定もあります。めざせ!合格!

 

 

今日は答案用紙の記入について思っていることを書きます。

 

採点者の気持ちになって字を書こう

 

上手な字を書けとは言いません。

他人が読める字を書いてほしいのです。

 

「田口先生が読めなくても、ボクは読める!」

私が読めなきゃ、赤の他人の採点者はなおさら読めません。

 

「本番ではちゃんとやるから大丈夫!」

塾のテストや定期テストの答案用紙さえまともに書けてないのに、その自信はどこからくるのか?

 

何で入学試験というものがあるのか考えてみましょう。

 

志願者の中から入学を許可する者(合格者)を選抜する試験が入学試験です。

ちょっと乱暴ですが、不合格者を選ぶのが入学試験と言いかえることもできます。

ではなぜ入学試験を受けるのか。

合格したいからです。

合格したいという気持ちがあったら、いい加減な気持ちで答案用紙は書けないはずです。

自分の答案用紙を他人に採点してほしいという気持ちがあるのなら、読める字を書きましょう。

 

 

私が入試の採点者だったら、何が書いてあるのかわからない字の答えには×を付けます。

あいまいな字にも×をつけます。

一生懸命時間をかけて文字を解読するなんてことはしません。面倒ですから。

 

PLASのテストでは、ある程度のところまでは解読して、指導の一環として注意書きをつけて○を付けます。(内心イライラモヤモヤしています)

が、入試ではそんなことは絶対にしてくれません。検定も同様です。

 

字というのはコミュニケーションツールです。

他人に何かを伝える道具です。伝わらなかったら意味がないのです。

 

国語では、うすい字やものすごく小さい字、漢字のすき間の部分がつぶれた字(空間つぶれ)は、ごまかしていると勘違いされます。

 

自分と採点者の間をつなぐものが「答案用紙」です。

 

採点してもらえる答案用紙を書けるようになることも、受験勉強の大切な部分だと私は考えています。

 

 

某学校の入試要項の一文

 

北辰ガイドの注意書き

 

何度でも言います。読める字を書きましょう。

 

 

 

こんにちは。藏田千春です。

 

今週月曜日の大雪には驚きましたね。

今週いっぱいは、日陰は雪が凍って残りそうな様子です。

皆様、運転はもちろん、歩くときにもご注意くださいませ。

 

さて川越の山田地区に住む方から

「プラス」を名乗る個別指導塾から

勧誘の電話が、かかってきて迷惑したという話を伺いました。

 

断じて「進学塾PLAS」ではございませんが、

「プラス」という塾名と、「ヤマデラ」と名乗り

お母様が出ないと、それ以上の詳しい話はしないで切るそうです。

自分は塾から委託をうけて電話をかけていると言い

とても横柄な物言いをするそうです。

 

このような迷惑電話がかかってきましたら、お気を付けください。

 

 

 

 

 


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM