こんにちは!! 稲垣です。

 

先週の月曜日の雪がまだまだ残っていますし、最近、本当に寒い日が続いていますね。

 

 

先日行われた

 

中3生の私立高校入試の結果ですが、見事全員合格を果たしました!!

 

今までの努力が実を結び、講師一同大変うれしく思っています。

 

 

 

しかし、

 

公立高校を第一志望とする中3生は、3月1日(木)の本番に向けて残り1か月間さらに受験勉強が続いていきます。

 

そこで

 

今回は残り約1か月間で点数を上げるために何をどのように学習すべきかをお話していきます。

 

 

ヽ堂別椶陵ダ莉膂

 

 

生徒さんごとに志望校や得意、不得意科目が異なるため一概には言えませんが、

 

残り期間で

 

覚えた内容がそのまま得点につながりやすい

理科や社会の暗記科目を中心に学習することが最優先になっていきます。

 

そして、数学、英語、国語の順に学習することが良いのではないでしょうか。

 

なお、

私が担当している

英語や国語は、生まれてから今まででどれだけ多くの言葉を知っているかで読解力の差が出てしまい、

短期間で劇的に点数が上がりやすい教科ではないため、多くの時間を割くことは有効ではありません。

 

 

△匹離譽戰襪魍惱するか

 

 

これは、みなさんご存知かもしれませんが、まずは、とにかく基礎、基本の徹底です。

 

難しい問題は、結局、基礎、基本がしっかり分かっていないと出来ません。

 

基礎、基本が出来るようになってから、差がつきやすい難しい問題をやることが好ましいです。

 

 

 

最後に…

 

 

本番でとるべき点数をシミュレーションして、本番から逆算して学習計画を立てるようにしましょう。

そうすることで、必要なこと、必要でないことも見えてくるはずです。

 

 

本番に向けて、準備を出来る限りして落ち着いた状態で試験に臨めるようにがんばってください!!

 

 

何か分からないことがあったら、PLAS講師一同、応援していますので、聞いて下さい!!

 

 

インフルエンザがはやり、学校では学年閉鎖が出ているようです。

 

 

早寝早起き、うがい、手洗いの徹底で体調管理には気を付けましょう。

みなさん こんにちは。

小学生に「電話の受話器を持って・・・」と伝えたら

「受話器って何?」と返されて、衝撃を受けた田口千絵です。

 

 

寒い日が続いていますね。

本日の川越の最低気温は−5℃、最高気温が3℃でした。

 

寒かったらお布団にくるまればいいじゃない

 

 

雪が解けなくて、スケートリンクみたいな道がいくつもあります。

 

ツルツル(-_-;) 

 

避けて歩いているのですが、PLASへ行くのに時間がかかります。

 

 

こんな中、高校受験出陣ご苦労様でした!

良い結果が届いておりまして、一安心しております。

この調子で県公立入試がんばりましょう。

 

今週末に漢字検定もあります。めざせ!合格!

 

 

今日は答案用紙の記入について思っていることを書きます。

 

採点者の気持ちになって字を書こう

 

上手な字を書けとは言いません。

他人が読める字を書いてほしいのです。

 

「田口先生が読めなくても、ボクは読める!」

私が読めなきゃ、赤の他人の採点者はなおさら読めません。

 

「本番ではちゃんとやるから大丈夫!」

塾のテストや定期テストの答案用紙さえまともに書けてないのに、その自信はどこからくるのか?

 

何で入学試験というものがあるのか考えてみましょう。

 

志願者の中から入学を許可する者(合格者)を選抜する試験が入学試験です。

ちょっと乱暴ですが、不合格者を選ぶのが入学試験と言いかえることもできます。

ではなぜ入学試験を受けるのか。

合格したいからです。

合格したいという気持ちがあったら、いい加減な気持ちで答案用紙は書けないはずです。

自分の答案用紙を他人に採点してほしいという気持ちがあるのなら、読める字を書きましょう。

 

 

私が入試の採点者だったら、何が書いてあるのかわからない字の答えには×を付けます。

あいまいな字にも×をつけます。

一生懸命時間をかけて文字を解読するなんてことはしません。面倒ですから。

 

PLASのテストでは、ある程度のところまでは解読して、指導の一環として注意書きをつけて○を付けます。(内心イライラモヤモヤしています)

が、入試ではそんなことは絶対にしてくれません。検定も同様です。

 

字というのはコミュニケーションツールです。

他人に何かを伝える道具です。伝わらなかったら意味がないのです。

 

国語では、うすい字やものすごく小さい字、漢字のすき間の部分がつぶれた字(空間つぶれ)は、ごまかしていると勘違いされます。

 

自分と採点者の間をつなぐものが「答案用紙」です。

 

採点してもらえる答案用紙を書けるようになることも、受験勉強の大切な部分だと私は考えています。

 

 

某学校の入試要項の一文

 

北辰ガイドの注意書き

 

何度でも言います。読める字を書きましょう。

 

 

 

こんにちは。藏田千春です。

 

今週月曜日の大雪には驚きましたね。

今週いっぱいは、日陰は雪が凍って残りそうな様子です。

皆様、運転はもちろん、歩くときにもご注意くださいませ。

 

さて川越の山田地区に住む方から

「プラス」を名乗る個別指導塾から

勧誘の電話が、かかってきて迷惑したという話を伺いました。

 

断じて「進学塾PLAS」ではございませんが、

「プラス」という塾名と、「ヤマデラ」と名乗り

お母様が出ないと、それ以上の詳しい話はしないで切るそうです。

自分は塾から委託をうけて電話をかけていると言い

とても横柄な物言いをするそうです。

 

このような迷惑電話がかかってきましたら、お気を付けください。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

新年 明けましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします。

 

進学塾PLASでは1/9(火)にコンピューターテストを実施し、

無事に冬期講習会が終了いたしました。

 

皆さん!お疲れ様でした。

 

特に受験学年の小6受験生、中3受験生の皆さんは

正月特訓3日間を頑張って見事乗り越えました。

特訓終了後の壮行会。ジュースで「かんぱーい」

 

神社へ初詣「最後の神頼み」

 

そして、小6受験生は、1/10(水)中学入試がスタートしました!(頑張れー)

 

中3受験生は、1/17(水)の国立筑波大学付属坂戸高等学校を皮切りに、入試がスタートします。

12日(土)は、私立・国立入試対策となる「必勝!推薦入試対策特別講座」の最終日です。

この数国英はもちろん、作文、面接まで、個々に合わせた対応をさせていただいています。

「出陣式」では、いよいよ!という雰囲気になり、塾長から最後の「喝」が入ります。

進学塾PLAS講師一同、応援しています!

 

 

さて、PLASからのお知らせです。

‐学部では、2月1日(木)から、新年度となり新学年として、授業を開講いたします。

現在小学6年生は、中学準備講座にお通いいただくことになり、

他の学年も、若干の時間割変更がございます。

詳細をお配りいたしますので、ご確認をよろしくお願いいたします。

ベーシックマスターコースから公立クラスへの変更や、受験クラスへの変更・追加受講など

お取りいただくコースのご相談は、いつでもお気軽にどうぞ。

 

⊃学検定が3月3日(土)にPLASを準会場として実施されます。

お申込みは、2月2日までとなります。

まだ該当級をお取りでない生徒さんは、できるだけ受検いただけるようお勧めします。

また、お通い頂いているクラスによっては、担当が一つ上の級の受検もお勧めしております。

「どの級を受けたらいいか」とお迷いの方は、担当講師までお気軽にご相談ください。

 

まだまだ寒い日が続きます。

大雪の地方もありますが、関東はどうでしょうか?

数年前には、入試の前日に雪が降り、路面がツルツルきkyu という年もあり

ハラハラしたことを記憶しています。

インフルエンザの流行は、少し落ち着いたようですが、皆さんご自愛ください。

塾では、風邪の症状がある方は、マスクの着用と手のアルコール消毒をお願いいたします。

 

 

川越駅西口徒歩7分

進学塾PLASはデニーズさん、銚子丸さん、セブンイレブンさんのすぐ近くです。

只今、数検お申込みと2月小学部入塾生を受け付けております。

 

 

みなさん こんにちは。

田口千絵です。

 

明日は川越公立小中学校の終業式です。

皆さんどんな2学期だったでしょうか・・・

成績表の報告を忘れずにしてくださいね。楽しみに待っています。

 

冬休みにクリスマス、お正月と楽しいことが続きますが、勉強もしっかりやってください。

冬期講習会がんばりましょう。正月特訓もがんばりましょう。

 

さて、明日は冬至の日でもあります。

 

冬至といえば一年で一番昼間が短い日。

 

本日の埼玉県

日の出は6時49分、日の入りは16時32分

 

ちなみに元日の日の出は6時52分くらいです。

要チェックですね!

 

 

冬至といえば柚子湯に入ってカボチャを食べる習わしがあります。

 

今年は22日か・・・

 

柚子湯は柚子の木が病気に強いことから、無病息災を祈る意味があります。

実際、リモネンという成分が多く含まれており、体を温める作用があります。

 

お店の冬至コーナー 

ありがたいことに千春先生から柚子をいただいたので買わなくてすみました

カボチャは買いました

 

 

冬至にカボチャを食べると風邪を引かないという言い伝えもあります。

 

たしかにカボチャはビタミン豊富な食べ物です。

サプリメントなんか無い時代にはありがたい食べ物だったのでしょう。

 

 

最近はカボチャっていうとハロウィンっていう風潮が・・・

 

 

 

昔の日本では冬至は「死に近い日」と考えられていたようです。

草は枯れ、木は葉を落とし、動物は冬眠してしまいます。

寒さも厳しく、食料も少なく、病気や死が身近だったにちがいありません。

当時の日本人にとっては深刻な問題だったと推測されます。

 

 

一方、冬至には良い意味もあります。

それは「一陽来復」です。

これは古い中国の言葉で、簡単にいうと「陰がおわって陽がもどってくる」ということです。

「冬至を過ぎれば厳しい冬もあと少し、あたたかい春がやってくる!うれしいな!」

ということです。

 

なんか受験生にも当てはまるような言葉ですね。

 

今は志望校に合格することを第一に考えて、あたたかい春を笑顔で一緒に迎えましょう!

 

インフルエンザも流行ってきました。

カボチャを食べて、柚子湯に入って

身体に気を付けて、がんばりましょう!

 

では、また!

 


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM