ブログを楽しみにしている皆様、こんにちは。主に文系科目担当の真仁田 環です。今回、初めての書き込みになります。よろしくですm(_ _)m

 

さて、私からは特に受験生に向けて「夏期講習会・夏休み中の心構え」について記します。

 

この時期になりますと、1学期期末テストも終わり、成績も気になりますし、北辰等の各模試の偏差値が伸び悩んでいる生徒さんもいるでしょう。そのような中で「もう第1志望校はあきらめようかな……」と考えている人もいるかもしれません。

 

そう考えてしまっている生徒諸君!

『君たちは、今まで本気で第1志望校に受かるつもりで勉強してきましたか!?』と言いたい!

 

人それぞれ要求される勉強量に違いはあるでしょう。しかし、たいていの生徒に言えることは、まだ意識の部分において本気度が足りないのです。本気になるためには

‖茖瓜嵋捷擦紡个垢詢篝鼎頁聴(単なる希望的観測ではない)

⇔篝鼎兵己分析(今の学力との差を推し量る)

は当然必要であり、あとは

「絶対第1志望校に行きたい!」という自覚・迫力

が必要です。

 

私の経験からしても、今の時点で軽々しく第1志望校を諦める必要はありません。

『夏にがむしゃらにやる生徒は受験までに必ず伸びる時が来る!』ことを強く進言します。

 

もう一つ、特に今年の中3生に言えること、「3年後には成人になる」予定ですね。

「今、自分自身を大きく鍛えないと、あっという間に大人として取り扱われる」

ことになります。……ヤバ……

 

さあ!尻に無理やりにでも火をつけて、死ぬ気で夏を乗り越えましょう!!

 

……私も老体に鞭打って皆さんのために頑張ります……

おはようございます。天沼です。

 

突然ですが、進学塾PLASTwitterのアカウントができました!

 

 

Twitterアカウント→https://twitter.com/jyuku_plas

 

 

フォロー&拡散の方、よろしくお願いします。

 

 

 

 

――さて、前回、能動的に勉強するようになる方法論を書かせていただきました。

 

そこで、今回は、

 

「どうして能動的に勉強することが重要なのか」というお話をさせていただきます。

 

 

皆さんは【学習ピラミッド(ラーニングピラミッド)】をご存知でしょうか。

 

 

簡単に言うと、「どんな学習方法がしっかり頭に残るか」を分類してピラミッド型の図にまとめたものです。

 

 

 

この図は、アメリカ国立訓練研究所が発表した学説で、7つの学習方法を学習の定着率順に並べています。

 

o    講義を受ける−5%

o    資料や書籍を読む−10%

o    視聴覚(ビデオや音声等による学習)−20

o    実演を見る−30%

o    他者と議論する−50%

o    実践による経験、練習−75

o    他者に学んだことを教える−90

 

この学説によると、能動的になればなるほど学習の定着化を図れるとされています。

裏を返せば、受動的になればなるほど定着化しないということです。

 

つまり、

 

「勉強する」とは、「他者に学んだこと教えられるようになる」ことなのです。これが本当の勉強です。

 

「今日5時間勉強した!」と言っても、それはワークやノート整理などを(作業として)「やった」だけで、

 

「できるようになっていない」可能性がとても高いのです。

 

 

大事なことなので2回言います。

 

 

「他者に学んだことを教えられるようになる」まで、勉強してください。

 

数学の公式

英語の文法

理科の化学式

歴史・地理の因果関係

国語の読解・解答の仕方

 

ノートを見ずに、「だからね、これがこーなるでしょ?」……と、説明できるようになりましょう。

 

これができるようになれば、

 

偏差値60以上、

JUGEMテーマ:学問・学校

になると思います。

皆さんこんにちは。田口千絵です。

 

28日29日に大阪でG20が開かれます。

いろんな国の人が来るのにねらったように台風が接近!

四国沖で熱帯低気圧が台風になるなんて・・・

 

さて、先日「進学塾PLAS開業12周年記念パーティー」がありました。

 

 

 

お料理美味しかったです!

がんばります!

これからも進学塾PLASをよろしくお願いいたします。

 

 

さて12年前はどんな出来事があったのでしょうか。

 

  1. 安倍首相の辞任 (2012年に復活)
  2. 参院選で自民党が敗北 (ねじれ国会に)
  3. 年金記録問題発覚 (参院選自民敗北の原因)
  4. 食品偽造疑惑発覚 (消費期限とか産地偽造とか)
  5. 国民投票法が成立
  6. 郵政民営化スタート
  7. 緊急地震速報開始
  8. 記録的猛暑で熊谷の最高気温40.9℃!
  9. 石見銀山が世界遺産登録
  10. 新潟市と浜松市が政令指定都市に
  11. アメリカのサブプライム問題

 

などが主なところです。

いろいろ思い出してきたぞう!

 

今、多くの中学で期末テストが行われています。

テストに出題される時事問題の話を中学生としました。保健体育のテストで前の東京オリンピックからの出題があった学校もあったようです。

 

世の中の動きを知るために新聞とテレビのニュースを見るようにしましょう。

「ネットで見ているから大丈夫」という意見をよく聞きますが、自分の好きな、または興味のある記事だけを選んでしまうという欠点があります。知識の偏りが悪いとは一概に言えませんが、気を付けるようにしてください。

 

夏期講習の受付がはじまっています。

受験生も、その他の学年の生徒も、満足できる講座を多く準備しています。

 

充実した夏休みなるお手伝いをしますのでお申込、お問い合わせをお待ちしています。

ではまた来月にお会いしましょう!

 

 

家に帰ったら庭に日本ヒキガエル!


 

そして新しい扶養家族!

 

こんにちは。

またまた藏田千春のブログです。

 

期末テストが、近づいてまいりました。

皆さん、ワークは2周目に入っていますか。1周終わりましたら、プラスに持ってきて先生に確認してもらいましょうね。

 

土日は、大好評!無料の期末テスト対策講座を開講しました。

日曜日には技能教科のテスト対策も行っています。家庭科や体育などの実技科目のワークやプリントは目を通しておくのはもちろん、書き出しもしておきましょう。どの塾でも定期テスト対策を行うとは思いますが、実技科目まで行うのはうちの塾だけだと思いますよ。

塾生は、プラスで購入した「実技ワーク」も使って完璧に!

実技科目を甘く見ている生徒さんがいますが、絶対手を抜かないで、テスト勉強をしてください。

プラスの対策講座で配布される「特別対策プリント」を繰り返して勉強すれば大丈夫!県立高校を目指すなら、9教科頑張りましょう。

そして、得意科目ばかり勉強するのではなく、満遍なくやりましょう。

対策プリントは大当たりしますよ!テスト前に必ず繰り返し解きましょう。

 

 

さて、5月に行われた中間テストは、中1から学年3位が2名出ました。おめでとうございます!

次回も頑張ってください。

 

範囲がぐっと広がり、単語もたくさん覚えなくてはならない中1期末テストの英語。

ここで、本当の実力が分かります。

単語を覚えられない人は、ローマ字読みでも構いません。とにかく、何かと結びつけて、綴りしっかりと覚えましょう。

ウエドゥンエスデイ、ウェドネスデイ、Wednesday…など

 

 

期末テストでは、「学年1位取れたよ〜」の報告が聞けたらいいなぁ。

 

期末テストを終えて、1学期の内容がヤバイ!落ちこぼれ気味!私も一桁順位を目指したい!という方は、プラスの7月無料体験授業を受けてみませんか?

また、夏期講習会も絶賛受付中です。

夏期講習会は特別講座も盛りだくさんです。

小学生に人気のフィードワークは、すでに残席わずかです。

小4公立クラスもございます。

プラスに直接お越しいただくか、または、資料請求メール、お問い合わせ電話などいただき、ぜひ内容をご確認ください。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、恒例の、可愛いプラスのアイドルハムスター、「ハムお」の写真で失礼します。

かわいいです。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

川越駅西口 徒歩7分

進学塾PLASでは、現在、夏期講習会、数検、漢検のお申し込み受付け中!

 

 

JUGEMテーマ:学問・学校

 

おはようございます。天沼です。

 

5月の下旬からPLASでは保護者個人面談会に突入し、

 

毎週、生徒の保護者の皆様に直接お会いして、様々なお話をします。

 

塾での生徒の様子や授業姿勢。私の理念・目的から逆算した指導内容。

 

から、

 

ご家庭での様子、授業の感想、自宅学習の有無、志望校の話。

 

熱い話。笑い話。不安に思っていること。こうして欲しい等の希望。

 

とりわけ毎年多いのが、

 

 

「ウチの子、家だと全然勉強しないんです……」

 

 

という意見。

 

つまり、保護者の方々の希望は

 

 

「子どもに、自分から能動的に勉強して欲しい」ことなのです。

 

 

 

……難しいですよね。

 

特に、今の時代はスマートフォンがあります。

 

スマートフォンを使って、クリエイションしたり、自分の知識を広げるために能動的に使うのはいいですが、

 

多くの子ども達を見ていると、ゲームや動画をみるだけ・やるだけの受動的……

 

スマートフォンに使われている状態です。

 

本気で子どもに勉強をして欲しいなら。

 

まず、スマートフォンを子どもから遠ざけないといけません(時間制限など)

 

 

 

さらに、私がアドバイスしたのは、

 

‐来・志望校などの目標をガッチリ定め、「どうしてもそこに入りたい・なりたい」という強い意志・欲をもたせる。

 

△寛板蹐坊从僉社会を取り入れる。

 

ことです。

 

 

?????

 

 

「経済・社会」を取り入れるとは?

 

・ご家庭で、「勉強=仕事」だと設定し、その成果(点数・順位・評定など)によって報酬・給与(おこずかい等)を支払って下さい。

・その給与の中から携帯電話使用料や食費や光熱費等を可能な額で引いていって下さい。

・それ以外は何があっても報酬を与えないで下さい。

・家族旅行や修学旅行などのイベントでも自分の報酬・給与から支払わせて下さい。

・祖父母や親戚からのおこずかいやお年玉も、全部両親が一括管理して、以上のルールに則って支払って下さい。

 

このルールをご家庭でキッチリ作ることができたら、

 

能動的に動くかもしれませんよ、というお話をさせていただきました。

 

つまり、子どもに大人の社会を追体験させることによって自立を促すという方法です。

 

この立場に立たされると、子どもは自然と考えるようになるはずです。

与えられたお金の中で、交際費や文房具代や娯楽費にあてないとならない。

 

何が必要で何が不要なのか。

 

このように、経済観念が育っていき、大人になってから花開いていくと思います。

 

さらに、携帯電話使用料などなどで引かれてしまう分がある。(私たち大人も税金や年金などで引かれていますよね)

 

じゃあ、稼がなくてはならない。

 

勉強して結果を出さないとならない。

 

結果を出そうと、勉強に精を出す!

 

こういう因果関係です。

 

いかがでしょうか。

 

もちろん、この方法で100%変わるかまでは私にもわかりません。

 

けれども、ご家庭だと子どもは保護者さまの庇護に甘えてしまいます。そこが、ご家庭では能動的に動かない根本原因だと私は思います。

 

ぜひ、ご家庭にこのルールを適用させて欲しい。

 

やらないと、何も変わりません。ずっと、今のままです。

 

行動して、世界を変えていきましょう。


PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Archive

 

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM