JUGEMテーマ:日記・一般

 

みなさん、こんにちは!!

 

 

稲垣です。

 

 

外に出るときはコートが必須っていうぐらい寒くなってきましたね…

本格的な冬の到来ですかね。

 

今年も残すところ、いよいよあと約2週間ですね!!

 

 

ちなみに、プラスでは、今月の22日(土)10時半から小学生を対象に楽しいゲームとプレゼントがあり、ハムスターとのふれあう時間もある、クリスマスパーティー(参加費500円)を行います。

塾生ではない方もご参加できますので、ご興味のある方は奮ってご参加ください‼️

 

 

 

さて、今年も残すところ約2週間となると、年明けの小6と中3の受験が近づいているということになります。

 

そこで、今回は入試日までの残り期間の過ごし方についてお話しさせていただきます。

 

ポイントは、本番でどういう自分でいたいか想像して、それが現実的になるような学習計画を本番から逆算して作成することです。

 

もちろん、夜寝るのが遅くて、朝、頭が働かないのでは入試本番に力を発揮できなくなってしまうので、そういう人は早寝早起きを心がけましょう。

 

学習計画についてですが、具体的には制限時間内で、志望校の過去問を解きましょう。

 

そして、毎回出題されている内容で簡単な問題(間違えられない問題)を正解できていない人は、まずは正解できるように優先的に取り組みましょう。

 

そして、それが正解できるようになったら、その次に簡単な問題を正解できるように、そして、その次に簡単な問題を正解できるようにというふうに、とにかく基本的に簡単な問題から手をつけていくべきです。

 

また、入試は限られた時間内でいかに多くの問題に正解するかが大事なので、直前時期は時間を意識して解くことも大切です。

 

そのため、正解できる問題に対しては速く解ける方法を模索するのも大事です。

 

もちろん、中3の英語の英作文のように、配点が高く、点数が全く取れないのは良くない、簡単ではないが解けなければならない問題もありますので、その辺は必要に応じて担当の先生に確認しましょう。

 

 

とにかく、志望校合格のために、今の自分の実力を考えて、何をする必要なのか、何を捨てるかの取捨選択をしっかり行い、残り期間で最大限の成果を出せるようにがんばってください。

 

 

今回はこれで以上です。

 

 

おそらく、私はこれが今年、最後のブログ更新となります。

 

みなさん、良いお年を!!

こんにちは

早いもので2018年もあと1か月を切ってしまいましたがいかがお過ごしでしょうか。

 

 

さて今回は、題名にもある通り「受験勉強のフライング」について、

 

来年度や再来年度に受験を控えた生徒に向けて鈴木が書かせていただきます。

 

 

 

学校では受験学年になると受験関連の話や配布される資料の量が多くなり、受験を意識する生徒=ライバルがどっと増えます。

 

最後の大会に向けて練習をしていても、文化祭を楽しんでいても、受験本番はやってきます。

 

限られた時間の中で必死になろうと思っても、ライバルも同じことを考えているためあまり差をつけられません。

 

 

ではどうやって差をつけるのかというと、フライングスタートです。

 

つまり、早期からの受験勉強です。

 

 

入試の内容は、高校生なら中学で習った範囲から、大学受験なら高校で習った範囲から出題されるので、今学校で習っている単元も範囲に含まれます。

 

ということは中1生・中2生の方も今の段階でも何問か解けます。塾にある入試問題が載っているテキストを解いてみましょう。

 

志望校が決まっているならば本屋などで過去問を一冊買うのもありです。

 

はじめは思うような点数は取れないかもしれませんが、どのような問題が出るのかや、習ったはずなのに解けない問題がわかります。

 

今のうちに習った範囲をしっかりと身につけることができれば余裕が生まれ、焦らずに受験に取り掛かれますし、演習に時間を費やすことができます。

 

 

先取りをして怒る先生はおそらくいないと思います。少なくとも私は賛成です。

 

 

 

 

「受験勉強はフライングで失格になることはないからするだけ得」

 

この言葉は私が高校生の時に担任からいただいた言葉で、ちょうどこの時期ぐらいでした。

 

12月の時点でライバルが増え始めてくるとなると、もっと差をつけるには、、、、、、、、もう遅いのかもしれませんね。

 

 

最後に、これからどんどん冷えてきますので、風邪などひかないよう体調管理はしっかりとしましょう。

みなさん こんにちは。

 

授業中にクスクスしている生徒がいたので

「今笑った人は教室から出なさい!」とフンガフンガしたら

実は全員クスクスしていて、あやうく生徒ゼロで授業をやるところだった田口です。

 

さて、先日喜多院で行われていた「小江戸川越菊まつり」に行ってきました。

 

見事な菊がたくさん展示されていました。

 

 

個人的には小菊の盆栽仕立てが好きです。

 

 

中学生が育てた菊も展示されていました。

 

 

中学生の時に男子が技術の時間に菊を育てていたのを思い出しました。

 

当時は「男子は技術」「女子は家庭科」と決まっていました。

選択授業があり、以前から興味のあった技術系のクラスに希望を出したところ、女子で希望したのは私だけだったようで、

「お願いだから家庭科系のクラスに希望を出してほしい」

と教頭先生に説得された経験があります。

ですので、男子も女子も同じ「技術・家庭」を勉強できるようになって良かったなと思います。

 

私は神奈川県の横浜で生まれ育ちました。

当時の神奈川県の県立高校入試は悪評高い「神奈川方式」。(現在は変更されているはず)

「アチーブメントテスト」通称「ア・テスト」といわれる県内統一テストが非常に重要で、中2の3学期に行われていました。

9教科(全教科ペーパーテストで配点が同じ)が対象でした。

内申点が50%(中3の2学期)、ア・テストの得点が25%、入試当日点が25%の割合で合否が決まったと記憶しています。

ア・テストを事情で受けられなかった生徒や後に転校してきた生徒は、ア・テストの得点が0点で評価され、県立高(特に上位校)に合格することは実質不可能だったようです。

 

ア・テストの「リコーダーの正しい指使い」とか「側転をする際の正しい手や足のつき方とその順番」とか、今では良い思い出です。

いろいろな事を思い出しながら菊の観賞をした、秋のひと時でした。

 

 

埼玉県公立高校入試ですが、31年度入試から「インフルエンザ等学校感染症罹患者などに対する追試験の実施」が行われます。

少しは気が楽になりますね。

 

各県公立高校で選抜基準は異なりますが、第1次選抜、第2次選抜(学校により第3次選抜)のそれぞれに定員が割りふられています。

 

大まかにいうと、当日点を重要視する選抜と調査書重視の選抜の2種類があると思えば良いのです。

 

学校によっては調査書の内容を重要視するところもあります。

しかも埼玉県では1年2年のときの学年評定も計算されますので、気の抜けない中学校生活になります。

提出物の状態や部活、検定の取得状況も大切です。

 

PLASが、定期テストだけでなく、検定取得や提出物チェックにも細かく目を光らせているのには、このような理由があるのです。

 

1月には漢検、3月には数検の準会場実施を行います。

漢検は申込受付中です。

高校受験までに英検・漢検・数検準2級取得を目標にがんばりましょう。

 

 

 ナイス!厄除けだんご賞!

 

 

 

 

こんにちは。藏田千春です。

 

今週は、中学校の期末テスト期間に突入し

進学塾PLASでは、授業がなくても自習に来る生徒が増えています。

家にいると、ゲームやテレビ、スマホの誘惑に負けて、ちょっとだけと思っても、一時間以上費やす…などとなってしまいがちです。

 定期テスト前だけでなく、毎日来てもよいのですからね。


宿題を忘れる(忘れるのではなく、ただやってこないのだと思うのですが…)生徒さんには、担当講師から保護者様に、「宿題を自力でする癖が付くように、塾がない日でも宿題させるためだけに来させても構いません。」など提案もさせていただいてます。



17日(土)と25日(日)の2日間に無料期末テスト対策講座を開催しておりますが残りはあと一回。

今度の日曜日の25日‼午前10時45分からはじまります。

来週テストの学校の生徒さんは必ず出席しましょう。

進学塾PLASの対策講座は、自習室無料開放だけということではなく、提出物仕上げ確認と、マル秘プリント・ポイント授業があります。

全員参加で、テスト成績アップ‼学校ワークは、もう終わってますね❓

 

PLAS一階駐輪場↑


中学部は男子が多いので自転車は黒ばっかりですね。

最近は、帰りにセブンイレブン東田町店さんに

寄り道もすることなく、帰っているようです・・・。えらいぞ?!


プラスでは、毎回毎授業で、延長授業(もちろん無料)をしてしまうので、

終了後は、教室で友達とおしゃべりや、コンビニに寄り道などせずに、すぐに帰宅の途についてほしいと思っています。交通安全で帰宅してください。





17日の期末テスト対策講座後に、実家に帰ったのですが、地元の福祉祭りで会ったのが、このゆるキャラ?!

自衛隊のゆるキャラのようでした。

ほぼ人間ですけど・・・

ニュースになった、あのゆるキャラグランプリにもし出たら、何位だったかしら?

手を振ってカメラを向けたら、ポーズしてくれました。 😄

 

 

 

塾の話に戻ります。

今週から、「冬期講習会のお知らせ」と「PLAS通信」「漢検1/12(土)申込お知らせ」

を授業内でお配りしています。

 

「PLAS通信」の主な内容は

9月の数検合格者が90.6%!

中間テスト学年1位!

ハムスター、ハム子の名前募集!

恒例!正月特訓!

大学合格速報!

です。

 

「漢字検定」は

1/12(土)にPLASで実施されます。

漢字検定受検者対象の、「漢検対策講座全2回」が冬期講習会で行われます。

予定があって、夏に受検できなかった小学生、中学生、高校生の皆さんは

是非、漢検対策講座の受講をして、漢検を受検し、「合格」をしましょう!

 

 

最後に、癒しのハムスターの「ハム子ちゃん」のお話です。

2匹いるうちの1匹、薄黄緑色のゲージにいるハムスターは、「ひまわりの種が大好き」で「とても人懐っこい」です。

日に日に太っていくので、エサのあげ方に工夫が必要となっています。

田口先生からは、グッドタイミングでハム子への餌を頂戴しました。ありがとうございます!!

それが、こちら

「ダイエット・メンテナンス」と書いてあります。「バランス栄養食」ともあります。

これで「ハム子」ならぬ「デブ子」からの脱却を狙います。

 

ピンクのゲージにいるハムスターの性格は

「人間の手を噛む」「トイレがまだ覚えられない…🚻」「ミルワームが大好き」です。

 

2匹とも、「好物のえさ」が食べたいときは、

「野菜」をあげても、手で「これはいらん!」とよける仕草をしたり、

「よいしょ」と、餌箱からどかして下にある好物を食べています。

手乗りのハムスターでお別れです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

******************************

東武東上線・JR川越線 川越駅西口徒歩7分

進学塾PLAS

 

11/25(日)は、無料期末テスト対策講座の日

「冬期講習会」「漢検」絶賛受付中

今月の休校日:11/22-24

下半期の営業日は、「進学塾PLAS 2018年下半期の営業日のお知らせ」をご確認ください。

 

 

こんにちは、天沼です。

 

今週から「2学期・期末テスト対策」が始まります。

 

 

先月の中間テスト、F中で学年1位をとったN君。

 

F中の国語の平均点が50点だったところ、

 

N君は88点。

 

もちろん国語の点数も学年1位。

 

今回もいけるか?

 

今度は背中を追われる身だぞ。

 

「自分が取りたい点数・順位」を目標に頑張ろう!

 

 

PLUSの「2学期期末テスト対策講座」は1117日(土)1330から、1125日(日)1045から塾を開放し、皆さまをお待ちしております。もちろん参加は無料です。

 

 

 

――さて、テスト勉強で大切なのが「具体的な目標の設定」です。

 

上記したように「自分が取りたい点数・順位」を設定して、それに向けてコツコツと学習する

 

PLUSではテスト前面談を実施して、その部分を掘り下げていくのですが、

 

生徒が目標点を書いている姿だったり、面談をしていたりするときに感じる……成績が伸び悩む生徒の共通点!

 

・テストで点を本気で取ろうとしていない(どこか楽天的)

・そもそも点数をとろうという必要性を感じていない

・それが、将来的にどうなるのかがわかっていない

・なぜなら、自分の行きたい学校が決まっていないから

 

これを逆にしていけばいいのに。成績は伸びるから。

 

ー分がどうしても行きたい学校を決める

△修粒惺擦貌れるだけの内申点、偏差値を認識する

自分の現状の数値と比較する

た値が足りない場合は、練習量(学習量)を増やす

ゾ,蘇蕕韻砲海世錣辰董負けたら悔しがる

 

これだけで、偏差値は「3」上がります。

重要なのはこれらが自分で(能動的に)できる、ようになることです。

 

「こうなりたい」という欲求をもつこと。

そのための競争心をもつこと。

 

つまりは、意識の問題なのです。

 

生徒の意識が変わらない限り、我々がいくら良い授業をしたり、使いやすいテキストをわたしたりしても、

 

砂漠に種まいて水を与えるようなものです。

 

 

では、意識を変えるためにはどうすればいいのか。

 

一番は、本人が気づくこと。

 

または、本人が気づくように危機感を与えるしかない。

 

だから、私の授業ではよく「話」をします。

 

「勝つための学習方法」「勉強ができる残り時間」「高校別のGMARCHへの進学率」などなどなど……。

 

目を輝かせたり、真剣(深刻)な顔をしたりしている生徒は、大丈夫! 

 

意識が変わり、学力は向上していくから、大丈夫!

 

けれども、退屈そうな顔をしている子は…………う〜〜〜ん。厳しいですよねぇ。

.

 

 


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

 

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM