JUGEMテーマ:学問・学校

みなさんこんにちは。進学塾PLASの原口です。

今週も先週に引き続きまして私、原口和久がブログを担当いたします。

前回のブログで

 

「バスケットボール(スポーツ)で目的を達成することは、勉強に通ずる」

 

という内容を書かせて頂きました。

今日は同じくバスケットボール、ひいてはスポーツを通じて勉強にも

おおいに活かせる「相通ずるもの」を書きたいと思います。

 

それは「基礎の大切さ」です。

 

バスケットボールに限らず、様々な競技で華々しいプレーは見る人を魅了

しますが、そういうプレーはいきなり簡単に出来るものではないですよね?

 

野球ならばキャッチボールが出来なければ守備ができないでしょうし、

サッカーであればリフティングが出来なければ、パスのトラップが出来ないでしょう。

バスケットボールであれば、ドリブルが出来ないのにどうやってクロスオーバーが出来る

でしょうか。

 

キャッチボールも、リフティングも、ドリブルも、

それぞれの競技においては

 

「基礎」

 

となるものだと思います。

そして実戦で活躍するための高度な技術は、地道な基礎の動きから作り上げられていると思います。

 

勉強においても同様ではないでしょうか。

 

国語であれば漢字が読めて、単語の意味がわかる。

 →だから長文問題が読めるようになる。

 

算数であれば足し算と引き算ができる。

 →だから掛け算・割り算(特に筆算)ができるようになる

 

英語であれば英単語が読める、書ける。

 →だから英文が読めるようになる。

 

基礎とは土台です。その土台の上に「応用問題の解答力」という学習能力を築いていくことになるのです。

だから土台が大きくてしっかりしているほど、その上に積み上げられる学習能力は高く、大きなものになります。

 

基礎をおろそかにせずに、

きちんと身につけて大きな解答力を身につけていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:学問・学校

初めましてこんにちは。進学塾プラスにて講師を務めております、原口和久と申します。

 

現在ベーシックマスター(小学生)、中学2年生の英語、中学1年生の国語を担当しています。

 

初めてブログを担当いたしますので、自己紹介をさせていただきます。

 

好きな食べ物・・・パスタ、うどん、おそば、ラーメン、たこ焼き、お肉

 

苦手な食べ物・・・レバーが苦手です。

 

好きな動物・・・猫

 

趣味・・・読書、筋トレ、バスケットボール

 

趣味のバスケットボールは試合を見るのも自分でプレーするのも大好きです。

大会が行われている体育館によく出没しています。

 

ミニバスや中高生の白熱した試合は選手達のナイスプレーに湧き、

応援されている保護者方々の声援からも熱い思いが伝わってきて、

見ている私を感動させてくれます。

 

スポ少や部活は期間が限られていますよね。

小学校の間、中学生の間、高校生の間と。

その限られた期間の中で選手達は目標に向かって日々頑張って練習しいるのだと思うのです。

「大会の出場したい。」

「次の試合に勝ちたい。」

今よりも少しでも上手になりたいと思い、練習を頑張っていると思うのです。

目標があるからこそ、厳しい練習も頑張れるのではないでしょうか。

 

私はそれは勉強にも共通していると思うのです。

小学生は6年間、中学生は3年間と期間は限られています。

その限られた時間で「希望の学校へ行きたい。」

「テストの点数を上げたい。」という目標を持つことで、

「いつまでに、やるべきこと」に気づくことができ、

それに向かって集中して進んでいけるのだと思います。

 

目標達成のための一歩一歩を、私と共にしっかりと歩いて行きましょう。

 

 

  

 

先週に引き続き、今週も中澤が担当させていただきます。宜しくお願いします。

 

さて、先月下旬からは本格的に受験シーズンに入りました。受験生の皆さん、日

々の生活の中で、体調は整えられていますか?寝不足はしていませんか?インフ

ルエンザや風邪が流行るこの時期ですから、体調管理には常に気を配るようにし

ましょう。

そして今日は、受験を控えた皆さんに伝えたいことを書きたいと思います。も

ろん受験生以外の学年の皆さんも、今後役に立つような内容を書いているので

ぜひ読んでもらえればと思います。

 

中3の皆さん!突然ですが、今の季節、理科の天気分野において、冬の気圧配置

がどのようなものだったか、頭に浮かべることはできますか?

今これを読んで、即座に「シベリア気団」「西高東低」という言葉が頭に浮かん

だ人、なんとなくでも気圧配置の図が浮かべられた人、まったく思いつかなかっ

た人、それぞれだと思います。

(答えは自分のもっている理科の参考書で確認してみましょう!)

ここでは高校入試の範囲を例として挙げましたが、各々が目標にしてきた入試が

間近に迫ってきた今、大事なのは、自分が今どのくらいできていて、どのような

ことが自分にとって必要で、そして今自分が最優先してやらなければならないこ

とは何なのかを明確にすることです。本番が近づくと、人は誰でも余裕がなくな

り、いつもはできていたことができなかったりすると一層不安になったり、思う

ようにことが進まず焦ってしまうことがあります。そういうときこそ、現状を整

理して、最優先にすべきものを見つけることで、不安要素を解消し勉強に集中す

ることができます。

 

ちなみに私の思い出話をすると、公立入試を3日後に控えた日に、私は入試の過

去問を解きました。それで第一志望を合格するために必要な点数より大幅に低

点数をとってしまって、あの時は本当に焦りましたし、発狂もしました。あ、怖

い先生だとか思わないでくださいね(笑)そのくらい、余裕がなくなってしまっ

たということです。その後、蔵田塾長に不安だった気持ちを聞いてもらうこと

で、気持ちを楽にして入試当日に臨むことができました。

 

焦ったり、余裕がなくなるのは、受験生であれば皆同じことです。受験前日まで

も余裕な人なんてほとんどいません。不安や緊張のせいで当日の試験では力を出

し切れなかった、ということがないように、やるべきことを今の段階できちんと

こなしていきましょう。そして、前にPLASの先生にサポートしてもらった経験

があるからこそ、今度は私が皆さんの受験のサポート側になりたいと強く思って

います。私たちPLASの講師は、受験生の皆さんをいつだってサポートし、応援

しています。わからないこと、不安に思うことがあったら、いつでも聞いてくだ

さい

↑写真はこの前秩父で食べたわらじカツ丼です。

カツ丼は「勝つ丼」として縁起が良いとも言われていますよね。

受験を終えたらぜひ家族の方や友達と食べに行ってみたください!

こんにちは。中澤です。

今週から2週連続で担当させていただきます!よろしくお願いします^ ^

 

さて、来月下旬からは、中学生のみなさんにとって今年度最後の学年末

テストがありますね。そこで今日は、学年末テストに向けて、皆さんに

意識してもらいたいこと、気をつけてほしいことなどについて、書きた

いとます。

 

1、2学期までの定期テストでは、中間が悪くても、期末で頑張って結果

を出すことができれば、成績の巻き返しが可能でした。しかし学年末テ

ストの場合はそうはいきません。3学期においては学年末テストの結果

次第で3学期の成績が決まってしまうのです。加えてこのテストは1、2

学期の成績を挽回できる最後のチャンスでもあります。つまり学年末テ

ストは、みなさんにとって、とてもとても大事なテストであるというこ

と。これを皆さんにはぜひとも意識してほしいです。

 

 

では、学年末テストを成功させるためにはどうすればよいか。

 

 

学年末テストの特徴として、どの教科もテスト範囲が広いことが多いで

範囲が広いあまり、全ての範囲の勉強が網羅できないで当日を迎え

てしまったり、重要なところが抜けてしまったり...という生徒はこれま

も多かったと思います。学年末テストに至っては、今までよりも早め

にテスト勉強を始めておくことが必要です。とはいえ、授業でやってな

いところまでやる必要はありません。テスト勉強の期間に入ってから全

教科全範囲をやるのは大変なので今授業でやっているところのまとめ

ノートを作ったり教科書を読み返したりというように、今のうちからや

れるテスト勉強を済ませておくということです。今頭に入れてしまえば、

テスト1週間前は、軽く復習すればよいだけなので、とても楽になりま

すよ。

ワークも、今のうちから進めておきましょう。その日の授業の復習とし

、あるいは今のうちから始めるテスト勉強に、ワークを活用すること

で、テスト前のワーク提出で、焦ってやる必要もなくなります。これは

まさに一石二鳥のおいしいやりかたです。

 

部活をやっている人は、部活停止期間が始まらない以上、なかなか時間

をつくることが難しいかもしれません。しかし、その限られた時間の中

でも今のうちからこつこつと進めることができれば、得点源につながっ

てくるはずです。

 

これらのことがわかっていても、なかなか実行に移せないのが現実です。

私自身も中学1,2年の頃、テスト勉強を早めに始める大切さを知ってい

ながらなかなか実行に移すことができず、中3の受験の時期にとても後

悔しました。高校受験の際に、今の皆さんの成績はとても重要なものに

なります。後でこの時期を振り返った時に後悔が残らないためにも、今

できることをこなしていきましょう。

 

 

今年度も残り2カ月ちょっと。受験生も、そうではない人も、限られた

日々を大切に。

 

 

 

皆さん、こんにちは!

先週に引き継き市ノ川がブログを担当します。

 

今週は普段自分が授業をしている高等部について紹介したいと思います。

 

高等部は私立・公立の高校生が在籍するクラスで、学校の課題や検定の勉強など各自がやるべきことを見つけ演習・解説を行っています。

授業では常に質問が飛び交いとても活気のあるクラスです。

高校では中学よりもより「予習・復習」、特に復習が大事になってきますので時々、過去の内容に遡り復習をさせたりもします。

 

高等部の授業をより効率よく活用するためにあらかじめ問題集などを解き、わからない問題を見つけてから授業に来るように勧めています。

家でもできるような問題演習をわざわざ授業でやってもあまり意味がありません。

あらかじめ質問を作ってくることで限られた時間を効率よく使うことができると思います。

また、解説をしてもらった問題を「解けた」と認識してそのまま次の問題に移ってしまうことがありますがそれはあまりよくないです。

本当に自分の力で解けるようになっているのかどうかもう一度同じ問題を解いてみましょう。

 

案外、解けなかったりします

 

そうした場合はもう一度解説を見て、”何が違うのか”、”どう解いていけばいいのか”などを自分で気づくことで印象に残り、理解しやすくなると思います。

 

自分に合った勉強法で効率よく勉強していきましょう。

 

 

 

 

 


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM